www.php-project.com
「スプレッド」とは外国為替証拠金取引は通貨ペアをトレードして利益を得る投資です。売り買いの価格は、いつも動いています。これが為替相場です。インターネットでニュースをみていると外貨のレートの話題が流れる時があります。よく見かけるのが、「ドル相場は80円50銭から52銭で取引されています」という感じです。これは80円50銭から80円52銭の間で売買されているという事を表しているのではなく、ドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭であることを提示しています。要するに、FXには買値と売値の値があるという事です。売値のことをBID(ビット)、買値のことをASK(アスク)と表示している業者もあったりします。売値が買値よりも低い値段に設定されるものです。現実に買値は高く、売値は安くなるのが普通です。この差分をスプレッドといい取引業者の収入とされています。スプレッド幅は取引会社によって違います。スプレッド幅は利用者にとって経費になるので、低い取引会社をピックアップしたほうが有益です。ただし、同じ会社でも状況によってスプレッドの広さは広くなったり狭くなったりします。仮に平常時はドル円の通貨ペアでたった1銭のスプレッドだったとしても、マーケットの上下がとても大きいケースでは1銭よりも広くなったりする場面があります。そういう訳で、スプレッドが狭いのと同様に変わらないということが不可欠です。現在では決まったスプレッドの狭さを示す取引会社もいくつも存在しています。現実に取引業者の売買画面の上で現実の相場を確かめなければ評価できないのでわずらわしいですが重要な事です。貴重な投資資金を賭けてトレードをするのですから、本当の売り買いの前に魅力的に思えたFX取引会社の取引口座開設をして提示されているスプレッドの広さを確かめましょう。同じ通貨でも、そのタイミングのマーケットの状態によって、外貨のスプレッドの幅は変わることがあります。一般的には、銀行間取引市場で流動性の高いペアではスプレッド幅が小さく残りの通貨ペアではスプレッドの広さが拡大する傾向にあります。