www.php-project.com
どこにでもある初心者向けのFXの本では「損が生まれた場合はナンピン買いで全体の買い付け価格を小さくする事が出来る」などと記述されている事もありますが現実にはナンピンには目に見えない危険があると考えます。まず、ナンピン買いのやり方について易しく記述します。仮に1ドル100円でドルを買ったとします。$(ドル)買いだから、ドル高に向うほど儲けが大きくなるわけですが運悪く1ドルが95円まで円高が進んでしまったとします。そのままの場合ポジションを保持し続けたら損失が回復するまでには、損した分円安ドル高に動かなければなりません。誰もが、損は可能な限り早く無くしたいと願うでしょう。ここではじめに売買したのと同じ分の$を、エントリーします。それで、平均のコストは1ドル=97.50円まで安くする事が出来ます。つまり、2円50銭の幅で円安ドル高に進めば損を取り戻す事が出来ます。これが、ナンピン買いのやり方です。このように、ナンピン買いのロジックを聞くと「なるほど」という気分になるが、相場はそう簡単に思うようにはいきません。だいたい、1ドル95円が下限だとということなど、誰にもわからないのである。仮定として、相場が円高ドル安トレンドだとすれば、1ドル95円ではとまらずより一層円高にいくリスクは高くなります。ひとつの例として、1ドル97.50円でナンピンをしたとしても、1ドル95円までドル安になっとしたならば、ナンピン買いを入れたポジションも、為替差損が生じてしまいます。そういう状態では初めに持ったポジションとトータルで、更なる為替差損が生まれます。このように、ナンピンは難しいです。それでは、マーケットが物語とは逆向きにみるみる向ってしまった場合、どういった手段でリスクを管理すればいいのでしょうか。こういう場合には選択できる手段は2つ。まずはじめは執着しないで、損を確定する事です。もうひとつの選択肢としてはその時点で、あなたが保有しているポジションを小さくする事で外国為替市場が戻るのを大人しく待つ事です。控えめな方法だとおっしゃる人もいると思います。だけど、自分の持っているポジションに損が出た時、一番危険の少ない手法はそれ以外には期待できない。ロジックのうえでは、ナンピン買いをしてみる手段もあると思います。けれどもナンピンは自分が損失を披っている場面でポジションを無くすどころかそれとは反対にポジションを増やしていく考え方です。この手法では、危険をコントロールすることなど到底不可能だと考えるべきです。ナンピン買いを続けられればその内勝てるかもしれない。だが、それ以前に資金は不足してしまいます。